【長野電鉄】2100系方向幕

長野電鉄2100系は、長野電鉄の特急形電車です。老朽化した2000系の代替としてJR東日本253系を譲り受けた車両で、愛称は「スノーモンキー」です。車内の様子はゆけむりとあわせて、追って公開いたします。お楽しみに!

1号車はLED式、2.3号車は幕式となっています。 A特急 スノーモンキー 長  野  NAGANO
特急長野(日本語と英語の交互表示)
A特急 スノーモンキー 湯田中  YUDANAKA 特急湯田中(日本語と英語の交互表示)

【小田急電鉄】臨時特急ロマンスカー「おかえり登山電車号」を運転

小田急電鉄は、7月23日に箱根登山電車の全線運転再開を記念して、新宿から箱根湯本を結ぶ臨時特急ロマンスカー「おかえり登山電車号」を運転すると発表しました。

本臨時特急の使用車両は、「箱根に続く時間(とき)を優雅に走るロマンスカー」をコンセプトとするGSE(70000形)とし、列車側面の行先表示を「おかえり登山電車号」と表示して新宿を朝6時10分に出発します。車内では、本厚木駅発車後に箱根登山鉄道職員による「箱根登山電車全線運転再開記念乗車券」(硬券記念台紙付き2枚セット 価格820円)の発売、秦野駅から小田原駅間で、ロマンスカーオリジナルノベルティをプレゼントいたします。

特急ロマンスカーのルーツは、1935年、箱根へお出かけになるお客さまのために新宿~小田原間をノンストップで運転した「週末温泉特急」に遡ります。その後、1950年8月、特急車等の箱根湯本までの乗り入れを開始し、ロマンスカーから箱根登山電車へと乗り継いで箱根をめぐる周遊ルートが形成されました。

昨年10月、令和元年東日本台風の影響によって、箱根登山電車は箱根湯本~強羅間の運転を見合わせ、本年7月23日、全線で運転を再開します。「おかえり登山電車号」は、この周遊ルートの再開という新たな歴史を刻む特急の1番列車となります。

●詳細
・名称
おかえり登山電車61号
※ 特急券の表示は「臨時61号」となります。

・運転日
2020年7月23日(木・祝)

・行路
新宿6:10発→町田6:46発→本厚木7:04発→秦野7:19発→小田原7:42着→箱根湯本8:02着
※ ダイヤ乱れが発生した際などは、運転を休止する場合があります
※ 記念乗車券の販売は本厚木駅発車後です。(本臨時特急において、記念乗車証の配布はありません)
※ ノベルティの配布は秦野駅から小田原駅間で行います
※ お弁当販売などのロマンスカー車内飲食サービスはありません
※ 本臨時特急の出発、到着セレモニー等はありません

コメント