【成田スカイアクセス】開業10周年記念施策開催へ!!

京成電鉄が、京成高砂~成田空港間を運行する「成田スカイアクセス(成田空港線)」が、2020年7月17日(金)に開業10周年を迎えます。 
1978年に新東京国際空港(現・成田国際空港)が開港して以来、特急「スカイライ ナー」を中心に空港輸送を担ってきた京成電鉄。
その歴史の中でも、2010年7月17日の 成田スカイアクセス開業により、都心~成田空港間の所要時間を最速36分に短縮する など、成田空港アクセスの利便性を大きく向上させることに成功しました。
開業10周年に合わせ、7月17日(金)当日より以下の記念施策を実施します。 1.記念ヘッドマーク掲出車両の運行  2.記念シートの掲出  3.「成田スカイアクセス開業10周年記念乗車券」の発売  4.「成田スカイアクセス開業10周年記念カード」の配布  5.「京成王子とスカイライナー空想旅行キャンペーン」の実施  6.特設ホームページの公開 
記念ヘッドマーク(AE形)および記念シートのデザインは、「3代目スカイライナー(AE形)」のデザインも担当した世界的に著名なデザイナー / プロデューサーの山本寛斎氏が手掛けています。また、「京成王子とスカイライナー空想旅行キャンペーン」では、“京成王子”こと中島健人(Sexy Zone)さんのオリジナルクリアファイルが抽選で2,000名様に当たります。 さらに、特設ホームページでは中島さんからの記念メッセージ動画を掲載します。
成田スカイアクセス開業10周年 記念施策について  1.記念ヘッドマーク掲出車両の運行  (1)掲出車両 AE形・3100形・3050形 各1編成  (2)運行開始 2020年7月17日(金)  (3)デ ザ イ ン AE形ヘッドマークはデザイナー / プロデューサーの山本寛斎氏によるデザイン
2.記念シートの掲出  (1)掲 出 駅 6駅(京成上野駅、日暮里駅、青砥駅、成田湯川駅、空港第2ビル 駅、成田空港駅) 
(2)掲出開始 2020年7月17日(金)

JR北海道が6日間乗り放題で12000円! ~HOKKAIDO LOVE !6日間周遊パスへ~

JR北海道は7月10日、新型コロナウィルス感染拡大による大きく落ち込んだ北海道の交通需要及び観光需要を喚起する取り組み、並びに「HOKKAIDO LOVE!」プロジェクトの一環として、北海道の「ぐるっと北海道・公共交通利用促進キャンペーン」を活用し、「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」・「開業記念ウポポイきっぷ」・「はこだて旅するパスポート」を発売すると発表しました。

※注意事項
北海道の「ぐるっと北海道・公共交通利用促進キャンペーン」を活用するきっぷのため、北海道庁へ補助金を申請する予定です。北海道からの補助金の上限に達した場合は発売期間中でも発売を終了します

JR九州の「みんなの九州きっぷ」に続いて、JR北海道でも全エリア乗り放題のきっぷが発売されました。

①HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス
・利用期間
2020年7月23日~2021年1月31日

・発売期間
2020年7月17日~2021年1月25日
※利用開始日の1か月前から前日までの発売。利用当日の販売はなし。

・値段
おとな12,000円(通常価格24,000円の半額!)

・発売箇所
JR北海道の主な駅の指定席券売機、みどりの窓口、旅行センター

・有効期間
6日間

・きっぷの内容
北海道内の在来線特急列車・普通列車の普通車自由席及びJRバスが乗り降り自由
※普通車指定席も4回まで利用可能

・その他
子供用の設定はなし

②開業記念ウポポイきっぷ
・利用期間
2020年7月23日~2020年8月30日

・発売期間
2020年7月17日~2020年8月30日

・値段
高校生以上のおとな3,800円

・発売箇所
JR北海道の主な駅のみどりの窓口、旅行センター

・有効期間
1日間

・きっぷの内容
ウポポイの入場券または事前予約を確認できるものを所持している方のみ購入可能。札幌~白老までの特急普通車自由席で往復することが出来ます。

③はこだて旅するパスポート
・利用期間
2020年7月23日~2020年8月31日

・発売期間
2020年7月17日~2020年8月30日

・値段
1日間用おとな:1350円
1日間用こども:670円
2日間用おとな:1830円
2日間用こども:910円

・発売箇所
函館駅・五稜郭駅・桔挭駅・七飯駅・大沼駅・大沼公園駅・森駅・八雲駅・長万部駅・奥津軽いまべつ駅・木古内駅・新函館北斗駅・ツインクルプラザ函館支店

・きっぷの内容
フリーエリア内のJR、函館バス、函館市電、道南いさりび鉄道が乗り降り自由です。JRは普通・快速列車の普通車自由席が乗り降り自由。別に特急券を購入することで特急にも乗車できます。

【フリーエリア】
JR:函館本線森~函館(渡島砂原経由含)
函館バス:函館市内・北斗市内・七飯町・鹿部町全線、砂原線(森駅前~砂原東3丁目)、濁川線、函館~知床線(バスセンター~木古内駅前)、松前号(函館駅~木古内駅前)
函館市電:全線
道南いさりび鉄道:全線

ぜひ、地域経済復興のためにお金を落としていきたいと思いますが、コロナウィルスの影響によりどうなるか…。
せっかく安く周遊できるきっぷが出てきたので、活用した旅行ができる日が早く来ますように。

コメント